葛西臨海公園で潮干狩り!おすすめの時期や場所はこちら♩

葛西臨海公園

桜の季節も終わり、初夏に近づきつつある今日この頃。日中はお天気が良いと半袖でも十分過ごせる日が増えてきましたね。お出かけする機会も増えて来たんではないでしょうか♪

これからの季節のおすすめといえば「潮干狩り」!今回は葛西でできる潮干狩り情報をご紹介します。ぜひチェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク

葛西海浜公園の潮干狩りがGWにおすすめ!

葛西臨海公園 潮干狩り

葛西には【臨海】公園と、【海浜】公園とあり、潮干狩りが出来るのは「葛西海浜公園」の西なぎさになります。間違いやすいので注意してくださいね。

実は葛西海浜公園は潮干狩りでも「あさり」は取れないそうです。じゃあ何が取れるの?それは「はまぐり」なんだとか!他にもマテ貝も取れるそうです。ただし、葛西海浜公園は潮干狩り場として運営しているわけではないので取れない可能性も十分あるとのこと。その点を理解して潮干狩りしましょう。

葛西海浜公園で潮干狩りをするなら時期も大切!一番のおすすめは4/25頃~5/5頃です。ゴールデンウィークが一番おすすめということですね♪時間帯は潮が大きく引く10時から15時が最も適しているのでその時間を狙って行くのがいいですよ。

水道やシャワーなど、公園の設備はどう?

公園の設備

葛西海浜公園は設備が整っていることもおすすめポイントです。

水道の蛇口にはシャワーヘッドがついているので、足についた砂を洗い流すことが出来ますよ。トイレも近くにあるのでトイレを探して疲れるなんてことも心配無用!自動販売機もありますし、少し歩けば売店もあります。お菓子やおもちゃなども販売しているようです。

他にも無料で利用出来るバーベキュー場もあるので、潮干狩りと一緒にセットに楽しむことが出来ますよ。

潮干狩りの料金や時間帯について

公園の設備

葛西海浜公園は前途した通り潮干狩り場ではありません。ですので料金は無料です。

葛西海浜公園の開園時間は9時~17時までですが、4/25~7/19までの土日祝日は18時まで延長となっています。開園時間であればいつでもOKですが、潮の満ち引きに合わせて潮干狩りしましょう。

ただし、無料ということもあって大変混雑するので小さなお子様連れの方はしっかり手をつないで迷子にならないようにしてください。駐車場も大変混み合うので出来れば公共交通機関を利用することをおすすめします。

潮干狩りの持ち物は何がいる?

潮干狩りの持ち物

潮干狩り場ではないので持ち物は自分で用意しておきましょう。持って行った方が良いものは、帽子・熊手・ザル(または網)・持ち帰り容器です。

【帽子】
潮干狩りの時期は紫外線が強くなってくるので日焼け対策は絶対です。首にタオルなどを巻いておくこともおすすめします。

【熊手】
潮干狩りをするには熊手も必須アイテムです。手でも出来るでしょうが指を傷つけてしまいます。安いものでもいいので準備しておきましょう。先がとがっているものがいいですよ。

【ザル・持ち帰り容器】
取った貝は生きているのでザルや網に入れて海水に浸しておきましょう。クーラーボックスなどの持ち帰り容器に入れておくと砂抜きにもなるのでおすすめです。海水を一緒に入れておけば早く砂抜き出来ますよ。新鮮な元気なうちに砂抜きしてしまいましょう。

また貝が傷まないようクーラーボックス内の海水の温度が上昇するのを防ぐために氷を入れておくのもいいですよ。

あさりではなくハマグリが取れるのも人気の一つなんだとか!ただ取れないこともありますのでご了承ください。でも、公園内ではバーベキューも出来るので一日楽しめそうですね♪

葛西臨海公園の方まで足を延ばせば水族館などもありますので、ぜひゴールデンウィークの思いで作りに家族で出かけてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加